CONTENTS




福祉施設の種類

老人福祉施設の種類とサービス内容をご紹介します

特別養護老人ホームとは

 介護保険における施設サービス(介護老人福祉施設)。要介護1〜5の方が利用することができます。
 多床室と個室がある従来型特養と全室個室ユニットケアの新型特養があります。

養護老人ホームとは

 老人福祉法に規定される老人福祉施設で行政による措置施設になり、入所の申し込みは施設ではなく区役所に行います。
 65歳以上の方で、身体上もしくは精神上又は環境上の理由及び経済的な理由により家での生活が困難な方が入所できます。

軽費老人ホームとは

 老人福祉法に規定される老人福祉施設で、低額な料金で、家庭環境、住宅事情等の理由により居宅において生活することが困難な方が入所できる施設です。
 ケアハウスも軽費老人ホームの一種です。

地域包括支援センターとは

 名古屋市からの委託を受けて行っているセンターで、地域の一人暮らし・虚弱・寝たきり・認知症などのご高齢の方と、介護するご家族が安心して生活できるように応援します。
 福祉サービスや権利擁護のための相談など、総合的な相談窓口として設置されています。

ケアハウスとは

 老人福祉法に規定される老人福祉施設で、平成元年に軽費老人ホームの新しいタイプとして創設された施設です。

 「食事付きシルバーマンション」のようなもので高齢者の方に快適で、安心した生活ができるように全室個室、食事、入浴、緊急時の対応や生活上の相談を親身になってお受けする施設です。

デイサービスとは

 介護保険における在宅サービス(通所介護)。
 要支援・要介護認定を受けた方が利用でき、居宅からの送迎、入浴や食事その他の日常生活に必要なお世話、機能訓練を行うことにより、利用者の社会的孤立感の解消及び心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るサービスです。

ショートステイとは

 介護保険における在宅サービス(短期入所生活介護)。
 要支援・要介護認定を受けた方が利用でき、短期間、施設(介護老人福祉施設など)に入所して入浴、排せつ、食事等の介護、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行って、利用者の心身機能の維持を図るとともに、利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るサービスです。

居宅介護支援とは

 要介護の認定を受けた方のケアプランを作成するところです。
 介護保険のサービスその他の保健医療サービスや福祉サービスを利用者が適切に利用できるように、要介護者である利用者の依頼をうけて、介護支援専門員(ケアマネージャー)が行う利用者の自立した日常生活の支援です。

 介護支援専門員は、利用者の解決すべき課題の把握(アセスメント)や、居宅介護サービス計画(ケアプラン)の作成、サービスの実施状況の把握(モニタリング)、給付管理業務、サービス事業者との連絡調整等を行います。

訪問介護とは

 介護保険における在宅サービス(訪問介護)。要支援・要介護認定を受けた方が利用でき、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排せつ、食事の介護その他の生活全般にわたる援助を行うものです。

訪問入浴介護とは

 介護保険における在宅サービス。要支援・要介護認定を受けた方が利用でき、利用者の居宅(自宅)を車で訪問し、組み立て式の浴槽を使用して入浴の介護を行うサービスです。

認知症対応型共同生活介護とは

 介護保険における地域密着型サービス(グループホーム)。要支援2又は要介護1〜5の認定を受けた方が利用できます。認知症対応型共同生活介護計画に基づき、家庭的な環境と地域住民との交流のもとで入浴、排せつ、食事等の介護、その他の日常生活上の世話、機能訓練及び療養上の世話を行う施設です。

新着情報